セミオーダー型PLMソリューション

PLMconsoleはセミオーダー型PLM機能(モジュール)の総称です。

セミオーダー型PLMモジュールは、スクラッチ開発型PLM(全機能開発)とパッケージ型PLM(プロダクト、ライセンス)の中間と表すことが出来ます。PLMconsoleは、各機能(モジュール)間の繋がり(コネクション)を、極めて薄く定義しています。それは、お客様のPLMシステムを一部のメーカーやシステム開発会社が閉鎖的に囲い込んではいけないという想いからです。「ソースコード開示」「保守料不要」「ライセンス料不要」を実現した純国産PLMモジュール PLMconsoleは、1機能(モジュール)からでも始めることが出来ます。

特徴(サマリー)

必要な機能だけ選べる パッケージ製品のように「使わない機能の費用」を払う必要はありません。また、期待しないバージョンアップの作業もありません。
短い開発期間
各モジュールは「基本的な動作」まで作り込みました。スクラッチ開発のように長期に渡るWBSは必要ありません。また、開発はウォーターフォール型ではなく、機能の動きを見ながら進められるアジャイル型で進められます。
クイックレスポンス
クライアント・サーバー処理の最適配置や、不要な機能を省くことで 十分なパフォーマンスを得ることが出来ます。1サーバーで5拠点1,000クライアントの接続実績が証明しています。
他システム連携 パッケージ型PLMシステムのように、多くの費用をかける必要はありません。PLMconsoleの機能(モジュール)と連携することで多くの問題は解決します。またソースコードを公開しているため開発費を大幅に抑えることが出来ます。
BOMに強い
PLMconsoleのBOMは、多工程(EBOM/MBOM/SBOM)で十分な機能を提供します。軽量且つ柔和なBOMエンジンは多くの重複作業を省くことでしょう。
クラウドファースト・グローバル・多拠点・大規模対応
マルチリンガル・分散ボルト・APサーバー分散・キャッシュサーバーといった機能の他、ライセンスという考え方がないのでクラウド上での利用や拠点増設も問題ありません。
利用者に優しいシンプルな操作性
自由度の高い画面設計・権限に応じた最適画面はシンプルな操作を実現します。
ソースコードのご提供
完全な他システム連携・DBMSダイレクトアクセス・DBMSのテーブルデザイン含む、プログラムコードを開示します。
完全Web対応
Ajax・.net等の技術を採用することで、開示後のソースコード編集も容易です。各モジュールによって最適な開発言語・開発環境を選択していますがjava、.NETに対応しています
低価格な導入・維持費
 
サーバーサイトライセンスにより海外・他拠点を含みアクセスユーザー数に制限はありません。拠点増加、クライアント増加に比例するライセンス費用はPLM展開における最も大きな障害です。PLMconsoleはサイトライセンスなので、使えば使うほど費用対効果が上がります。
モジュールは段階的導入(アジャイル型)が可能です。
必要なソリューション・モジュール単位に提供。小さく始め段階的に拡張できます。

特徴:セミオーダー型PLMモジュールのメリット

特徴:トータルコストを大幅に削減

PLMconoleライセンス
PLMconoleライセンス

特徴:次世代ではなく、手堅い基本機能(モジュール)

NextBOM管理ソリューション

NextBOM管理ソリューションとは、仕様違いやオプションなど多くのバリーエーションを持つ製品のBOMを集合的・抽象的に管理し、ルールやアサインを定義することで製品単位のBOMを生成する仕組みです。

NextBOMは、「シリーズ」「部位」という2つのブロックから成り立ちます。「シリーズ」と「部位」のツリー構造で表現されます。

製品コンフィグレーション

シリーズや機種毎に標準仕様とオプション仕様の組合せを管理し様々な製品のバリエーションをスペックで選択し対象のBOMを引き当てて生成します。引き当てたスペック情報やBOM情報から生産実績をフィードバックして迅速な納期回答をします。

コンフィギュレーション
コンフィギュレーション

仕様バリエーション管理

xBOM管理ソリューション

設計BOM管理

CADからアセンブリ情報を取り込み、バリエーションに応じたマトリクスBOMの作成を行います。

統合BOM管理

データ授受ソリューション

顧客や取引先とのデータ授受受付(技術管理部門⇔設計部門・仕入先との申請・承認・配信)とそのエビデンス・ログをデータとともに管理します。

データ授受(EDI)

環境管理ソリューション

環境配慮設計でのお客様の課題を解決します。ELV・RoHS・REACH指令に対する調査依頼から報告プロセスまでの効率化と環境DBの流用設計段階での活用など、環境配慮設計を支援します。

環境管理

BOMと環境情報DBを統合、科学物質から該当製品を検索するなど、各種環境規制の変化に迅速に対応できます。JAMA・JGPSSI・独自形式・IMDSへ対応したレポート機能などを通じて工数削減を実現します。

xCAD管理ソリューション

ドキュメント管理(Office・PDFデータ等)

図面管理・出図配付管理により、製品に関わるドキュメントを共有化することで顧客満足度の向上やコンプライアンス遵守を支援します。

マルチ2D CAD管理

部品構成及び組図・部品図の親子関係を管理できます。3DCADデータを軽量ビューア用に自動変換することで部品と関連付けされたモデルデータの確認が容易となり、組立検討などに利用可能となります。

xCAD管理
xCAD管理

マルチ3D CAD管理

マルチCAD対応のデータ管理の機能を提供します。

  • リンク構成保持
  • 一括操作による簡単操作性
  • DBMSにより高速検索
  • チーム設計支援
xCAD管理
xCAD管理

出図配付管理ソリューション

部品構成管理機能の実装により図面・3Dデータの出図配付をグレードアップ。3DCAD連携・営業/購買システム連携・生産システム連携・グリーン環境システム連携と拡張性を備えます。

グローバル原価管理ソリューション

グローバルな製造オペレーションの拠点原価、連結原価を「見える化」し、意思決定を支援

連結原価

「多通貨の拠点原価」の可視化

各製造拠点で様々な通貨で計算される原価を一元的に管理し、現地通貨建て原価および換算後の原価を「見える化」します。

「内部利益を控除した連結原価」の集計

国内外で製造分業している場合、内部利益を含んだ移転価格で部品が取引されており、完成品製造拠点では真の原価はわかりません。各製造拠点のコスト情報をもとに、真の原価(連結原価)を「見える化」します。

「製造拠点の原価」の比較

製造拠点の製品・部品を指定し、原価情報の時系列推移や複数拠点で製造している同一品のコスト差異を「見える化」します。

拠点原価

「グローバル共通ルール」による原価計算

各製造拠点によってバラバラな原価計算ルールを統一し、

個社の原価管理レベルの向上を図りながら、グループとして最低限必要な連結原価情報を収集するための基盤を整備します。

「既存システム+原価管理ユニット」の導入(ERPを前提としない原価管理の導入)

各拠点の上流システム(生産管理、販売管理、購買管理等)を変更せずに原価計算の仕組みが導入できます。

ERPをグローバル展開する場合と比べ、短期間かつ低コストで実現できます。

アドオンコンポーネント

WorkFLow

SOA技術に準拠したWebサービスとして提供され、各種システム跨るワークフローシステムの構築が柔軟に行えます。PLMconsole xCAD管理・図面管理・xBOM管理等の各ソリューション共通の電子承認機能を提供します。

電子承認ワークフロー

他システム連携

Viewer自動変換

暗号化TIFF-Viewer

全文検索

PDM連携

E/M-BOM組み替えEditor

ノウハウ過去トラ管理

PLMconsole ® は、株式会社PLMジャパンの登録商標(第5307125号)です。