XVL Solution

ビジネスを革新するWeb 3D Collaboration

次世代3D軽量化技術U-XVLにより、3次元化された製品設計データを、部品表、工程設計、組立指示書等の生産準備段階で活用することにより、生産準備、生産技術など設計と生産の橋渡しプロセスの効率化を実現します。

部品表ソリューション

3D形状と属性情報を部品表に展開できます。

部品の分解
CADデータをXVLに変換後アセンブリを分解し確認

3D部品表をEXCELやHTML形式で作成

XVL WebMaster
XVL WebMaster

Microsoft ExcelにXVLを埋め込みことが可能で、EXCEL上の部品リストと3D形状を連携することが可能です。

更に、「3D+2D+部品表」形式のWebページを自動生成することができ、部品3D形状と部品属性情報とを同時に確認できます。

PLMconsole スペック&BOMソリューションと組み合わせることでEBOM-MBOM連携へと展開できます。

工程設計ソリューション

大規模アセンブリの工程検討、組立性チェックが可能です。

組立工程の検討

組立て情報をCSVで取り込み工程設定
組立て情報をCSVで取り込み工程設定

工程CSVにより登録した組立工程を順に確認し、工順に問題がないかどうかを3D画像を見ながら検討します。工順変更が 必要な場合は、組立工程ツリー上で変更が必要な工程をドラッグすることで工順変更が可能です。

PLMconsole スペック&BOMソリューションの生産準備BOMと連携を図ることで、工程別の検討がタイムリーに行え、設計変更に対しても迅速に対応できます。

干渉の断面確認
干渉の断面確認

寸法/計測、注記、断面生成といったビューア基本機能に加え、静的干渉/接触/クリアランスチェックや2D/3D同時表示による断面検証が可能です。

更に、動的干渉チェック機能を用いて組立性を検討する工程に対し、製造時の問題にならないように組立軌跡を検討できます。

工程情報の確認

組立性をチェックし、工程順序の作成後、工程に登録されている部品の属性情報を活用し、出力したい属性設定や工数の割当てを工程リスト上で行うことができます。

作業指示ソリューション

軽量化データだから帳票に3Dデータを活用できます。

各種帳票作成

Lattice 3D Reporter
Lattice 3D Reporter

XVLファイルが保持している部品や属性の情報を元にパーツリストや工程リスト、注記/寸法リストなどの各種帳票の作成ができます。

XVLデータがEXCELファイル内に包含されるため、既存のEXCEL帳票を活用することが可能です。
また、設計変更に対しても、変更前のXVLと変更後のXVLとを形状比較することで、どこが変更されたか差分形状により簡単に確認できます。

PLMconsole 図面管理ソリューション/出図配付管理ソリューションと連携することで、効率的な運用が可能となります。

デザインレビューソリューション

大規模データのデザインレビューに力を発揮します。

干渉/クリアランスチェック

高速、高度な干渉チェック
高速、高度な干渉チェック

全ての部品間における総当りチェックも可能です。
チェック結果に対し不具合発生の有無を3Dや断面の状態を見て確認します。部品間のクリアランスの状態をカラーマップで表示するにより、検出された値に対して形状間の影響範囲を簡単に確認できます。 設計者へ伝達する為のコメントや分類項目も入力できます。

不具合結果をレポートとしてEXCELに作成することもできます。

干渉チェック結果のレビュー
干渉チェック結果のレビュー

カタログ及び価格表のダウンロード


XVL 製品カタログ

評価版のご利用

XVL製品評価版をご希望のお客様へ

お問い合わせフォームよりお申し込みください。

 

 

※XVLはラティス・テクノロジー株式会社により開発された、超軽 量Web3Dフォーマットです。